ファッション

「アディダス スケートボーディング」がW杯に合わせフットボールジャージーを発売 マーク・ゴンザレスら8人とコラボ

 「アディダス スケートボーディング(ADIDAS SKATEBOARDING)」は6月に開催される2018年FIFAワールドカップ ロシア大会(2018FIFA World Cup Russia)に合わせて、レジェンドスケーターのマーク・ゴンザレス(Mark Gonzales)をはじめとする所属スケーターと協業し、ジャージーコレクション“SKATE COPA COLLECTION”を発売した。価格は8990円。アディダス オリジナルス フラッグシップストア トウキョウをはじめ、「アディダス オリジナルス」心斎橋店と福岡店、「アディダス スケートボーディング」取り扱い一部店舗、公式オンラインストアなどで順次販売する。

 同コレクションに参加したのは、マーク・ゴンザレスに加え、ブロンディ・マッコイ(Blondey McCoy)、ナケル・スミス(Na-Kel Smith)、タイショーン・ジョーンズ(Tyshawn Jones)、マーク・ジョンソン(Marc Johnson)、マイルス・シルヴァス(Miles Silvas)、デーウォン・ソン(Daewon Song)、ロドリゴ・テイシェイラ(Rodrigo Teixeira)の8人。スケーターが伝統的なフットボールジャージーを再構築し、フットボールとスケートボードのカルチャーの融合を各スケーターの世界観とともに表現した。

 すべてのジャージーには、マーク・ゴンザレスがデザインしたチームバッジと「アディダス」を象徴するトレフォイルロゴをあしらい、各スケーターのジャージーの背中にはそれぞれの名前とナンバーを施している。マーク・ゴンザレスは「言葉遊びをしながらいろいろなフレーズを考えた結果、全員の意見が一致して“Negitve Energy Posetive People”というフレーズにたどり着いた。そこですべてのジャージーにこのフレーズを冠したチームバッジをプリントした」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら