ファッション

「サンローラン」がアート・プロジェクト「SELF」を発表 最初の展示は森山大道

 「サンローラン(SAINT LAURENT)」はフランス最大の写真イベント「パリフォト(Paris Photo)」で、アート・プロジェクト「SELF」をスタートした。同プロジェクトの最初のアーティストに選ばれた写真家、森山大道の作品は、パレロワイヤルのギャラリー・ドルレアンの中庭で、インスタレーションとともに11月11日まで展示されている。

 このプロジェクトのため、アンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)「サンローラン」クリエイティブ・ディレクターが何人かのアーティストや映像作家を選出しており、森山はその一人目。同ブランドは、「このプロジェクトは社会をアーティスティックな観点から解釈すると同時に、『サンローラン』の精神を表現している」と発表した。 「SELF」というタイトルは、“個性”や“自分自身”といったコンセプトを反映していることに加え、同ブランドのイニシャルも含まれている。今後の作品は、内容によりさまざまな展示形式となり、開催場所も異なるため、随時発表される。

 「サンローラン」は長年にわたりアートと深い関わりを持っている。創業者のイヴ・サンローランによるオートクチュールは、ピエト・モンドリアン(Piet Mondrian)、フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)、パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)などの偉大な芸術家たちの作品から着想を得ている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら