ファッション

ドーバーが約20の“戌”モチーフTシャツを発売 森山大道の「三沢の犬」をプリントしたフーディーも

 ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)は、2月16日に春節を祝う限定コラボTシャツを発売する。価格帯は4000~1万7000円。取り扱いはドーバー ストリート マーケット ギンザの公式オンラインストアでの抽選販売のみで、2月15日の18時まで受付中だ。

 コラボTシャツは、今年の干支である“戌(いぬ)”をデザインに用いた。「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R))」や「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「リチャードソン(RICHARDSON)」「ナイキラボ(NIKELAB)」など、同店と馴染みの深い約20ブランドが参加する。さらに、キャラクターのスヌーピーやミュージ シャンのニック・ケイヴ(Nick Cave)も携わっている。

 同店以外では、ドーバー ストリート マーケット ロンドン店、 ニューヨーク店、シンガポール店、北京店のほか、公式オンラインストアで発売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら