ファッション

「スナイデル」がついにNYへ マンハッタンに路面店をオープン

 マッシュホールディングスは10月25日(現地時間)、「スナイデル(SNIDEL)」と「ジェラート ピケ(GELATO PIQUE)」の北米初の旗艦店をニューヨークにオープンする。2店舗はマンハッタンのローワー・イーストサイドエリアに徒歩1分圏内で開設。「スナイデル」は昨年11月末にオープンした「ジェラート ピケ」期間限定店(144 オーチャード・ストリート)の跡地を改装し、「ジェラート ピケ」は新たなロケーション(125 オーチャード・ストリート)に出店する。それぞれの店舗面積は、「スナイデル」が60.17平方メートル、「ジェラート ピケ」が19.79平方メートルになる。

 オープニングに合わせ、「スナイデル」はハローキティとのコラボコレクションを限定発売する予定だ。またオープン当日夜には、各店舗でお披露目パーティーが行われる。

 同社は昨年8月にマッシュ U.S.Aを設立。当初は今年4月にオープン予定だったが、「スナイデル」のリブランディングなどを経てついにお披露目となる。今後基幹2ブランドの店舗とECサイトでの販売を軸に、北米事業拡大を図る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら