ファッション

五感で体感する「バカラ」の世界 世界初のシャンパンバーが恵比寿に登場

 「バカラ(BACCARAT)」による世界初の“シャンパンバー ウィズ テタンジェ(CHAMPAGNE BAR WITH TAITTINGER)”が11月3日、恵比寿ガーデンプレイス・センター広場に登場する。恵比寿ガーデンプレイスと言えば、毎年年末に世界最大級の「バカラ」のシャンデリアが灯される「バカラ エターナル ライツ」で知られる。同シャンパンバーは、シャンデリアに照らされる空間に「バカラ」製バーカウンターを設置し、「バカラ」のグラスでシャンパンを楽しむ趣向だ。バーカウンターはイヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)の自宅なども手掛けたインテリアデザイナーのジャック・グランジュ(Jaques Grange)によるもので、日本で初公開される。

 提供するシャンパンはフランスを代表するグランメゾン「テタンジェ」で、グラスシャンパンは1500円(税込)。「バカラ」の世界観を五感で感じられるシャンパンバーは12月25日まで。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら