ファッション

「バルマン」のシューズデザイナー、ドルチーニが「バカラ」とコラボしたクリスタル・シューズを発表

 シューズデザイナーのディエゴ・ドルチーニ(Diego Dolcini)は自身のキャリアの25周年を記念して、フランスのクリスタルメーカー「バカラ(BACCARAT)」とコラボレーションしたカプセルコレクションを発表した。

 “クリスタル・クチュール”と名付けた同コレクションは、ヒールに「バカラ」のクリスタルをあしらい、「バカラ」のシグネチャーカラーでもあるルビー、アンバー、アメジスト、ブラックを使用した15のデザインで展開する。

 ダニエラ・リカルディ(Daniela Riccardi)=バカラ最高経営責任者は、「『バカラ』をクチュールやランウエイ、ファッションショーの世界に登場させるという構想を長い間温めてきた」とコメント。同社はパリ・オートクチュール期間に、ドルチーニのこれまでの作品を公開する回顧展を本社で開催する。

 ディエゴ・ドルチーニはトム・フォード(Tom Ford)がクリエイティブ・ディレクターを務めていた時代の「グッチ(GUCCI)」や、「エミリオ・プッチ(EMILIO PUCCI)」「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)」「ヴィオネ(VIONNET)」「カサディ(CASADEI)」などで経験を積み、2016年からは「バルマン(BALMAIN)」のヘッド・シューズ・デザイナーを務めている。

 一方で1764年創業のバカラは、中国の投資会社、フォーチュン・ファウンテン・キャピタル(FORTUNE FOUNTAIN CAPITAL)が、米国のスターウッド・キャピタル・グループ(STARWOOD CAPITAL GROUP)とエル・キャタルトン(L CATTERTON)からバカラ株の88.8%を取得して昨年傘下に収めた。取得金額は約1億6400万ユーロ(約21億円)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら