ニュース

「エポカ ザ ショップ丸の内」が新装オープン ミラノのホテルのような上質空間に

 三陽商会は、東京・丸の内の仲通りにある「エポカ(EPOCA)」ブランドのセレクトショップ「エポカ ザ ショップ丸の内」を14日にリニューアルオープンした。

 店装はイタリア・ミラノの街中にあるホテルをイメージ。大理石のカウンターやアーチ状のファサード、穏やかな自然光が差し込む設計を施し、上質で都会的な空間作りを目指した。

 アイテムはこれまで通り「エポカ」と海外ブランドのアパレルを主軸に展開する一方、オフィスが密集する丸の内という立地に合わせ、ビジネスやパーティーシーンで役立つファッション雑貨を拡充した。「クロエ(CHLOE)」や「マルニ(MARNI)」、「ニナ リッチ(NINA RICCI)」といったブランドのバッグやジュエリーは「エポカ ザ ショップ」では丸の内店のみの取り扱いとなる。奥の“SOUVENIR(お土産)”コーナーには、ポーチやペンケースなどギフトにぴったりのアイテムを並べた。

 今後は東京・玉川、名古屋、梅田、仙台の店舗も順次改装予定。同社は中期戦略として直営店の拡大を掲げており、「エポカ ザ ショップ」は既存の5店舗を2022年までに10店に増やす。