ファッション

三陽商会のラブレスが商業施設に初出店 10月に新宿と大阪に同時オープン

 三陽商会のセレクトショップ、ラブレス(LOVELESS)は、新コンセプトショップ「ラブレス サニーサイドフロア(以下、サニーサイドフロア)」をグランフロント大阪と新宿フラッグスに10月5日オープンする。ラブレスは、これまで路面店形態で展開していたが、今後の事業拡大を見据え、トラフィックの多いターミナル駅に隣接する商業施設へ出店を進めていく。

 重厚な世界観をベースとした従来のラブレスに対し、サニーサイドフロアは内装や什器に大理石やゴールドをあしらい、よりモダンで明るい空間に仕上げた。新しい店装は2004年のオープン当初、青山店の2階に“サニーサイド”という呼称で存在していた白を基調とした空間を発祥としている。ターゲットは、複合商業施設を利用するファッション感度の高い30代の男女。これまで以上に客とのコミュニケーションの機会を持ち、より多くの人にラブレスのファンになってもらうことを目的に考案された。

 ウエアやアクセサリー、服飾雑貨、生活雑貨をそろえ、ショップオリジナル企画のブランドや国内外から買い付けたブランドをメンズとウィメンズで展開。ラブレスが注目する商品やブランドを発信する提案スペースも設置し、独自の世界観を表現するセレクトショップを目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら