ファッション

カニエ・ウェストが「全てのクリエイションは『AKIRA』に影響された」と告白

「AKIRA」の世界観を色濃く反映されているカニエ・ウェストの「Stronger」のMV

 ラッパーの2チェインズ(2 Chainz)の結婚式でヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が手掛けたテーラードスーツを着用したり、低所得者向けの建築プロジェクト「YEEZY Home」をスタートしたりと、定期的に世間を騒がせているカニエ・ウェスト(Kanye West)だが、今回は彼のツイートが注目を集めている。

 8月28日(日本時間)にカニエはツイッターで、「『AKIRA』の作者、大友克洋だ。この映画は俺のクリエイティビティにもっとも影響を与えている」の文言と共に「イージー(YEEZY)」の人気スニーカー“YEEZY WAVE RUNNER 700”を手にした大友の写真を投稿。続けて「これまでの全てのステージ、『Stronger』をはじめとした全てのMV、全てのプロダクト、そして病院にいるときだって、これはまるで『AKIRA』のようだと思っていた」「『AKIRA』はアニメの歴史において、もっとも偉大なだけではない。(30年以上前の作品にもかかわらず)『AKIRA』のテーマは世界中が抱える現代社会の問題にも関連している」とツイートし、「AKIRA」から多大なる影響を受けたことを綴っている。

 “カニエの「AKIRA」好き”は以前からファンの間では知られており、カニエがツイートしているように「Stronger」のMVは「AKIRA」の世界観をオマージュした作品になっている他、今年7月に極秘来日した際は大友と2ショットを撮影していた。

 今年は「AKIRA」の映画公開から30年という節目の年だけに、両者が水面下でコラボプロジェクトを進めているかもしれない。

 なお休業中の渋谷パルコの工事仮囲いでは、2019年初頭まで「AKIRA」とコラージュアーティストの河村康輔による共同作品が展示されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら