ファッション

ケリングがスイスの時計、ジラール・ペルゴの新CEO人事を発表

 ケリング(KERING)は8月20日付で、スイスを拠点に高級時計を手掛けるジラール・ペルゴ(GIRARD-PERREGAUX)の最高経営責任者(CEO)に、同じくケリング傘下のスイスの高級時計、ユリス・ナルダン(ULYSSE NARDIN)のパトリック・プルニエ(Patrick Pruniaux)CEOを任命した。プルニエCEOは2ブランドのトップを兼任する。

 プルニエ新CEOは、「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」に9年間在籍。アップル(APPLE)では“アップルウォッチ(APPLE WATCH)”の発売に携わり、英国およびアイスランドのカントリー・マネジャーも務めた。

 ケリングのアルベール・ベンスーサン(Albert Bensoussan)=ラグジュアリー・ウオッチ&ジュエリーディビジョンCEOは、「プルニエ新CEOに、ケリングの2つの時計ブランドのさらなる発展と認知向上のミッションを与えることができてうれしく思う。ユリス・ナルダンのトップとしての彼の1年間は、両ブランドのアイデンティティー、歴史、技術的なノウハウを生かすことができる最適な人物だと確信させてくれた」とコメントした。

 ケリングは2014年にユリス・ナルダンの株式を100%取得し、直結の子会社とした。一方、ジラール・ペルゴはケリンググループのソーウインド(SOWIND)傘下にあり、日本における販売およびマーケティングは2ブランド共ソーウインド ジャパンが行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら