ビジネス

「ヴィセ」新イメージキャラクターに滝沢カレン 胸元開いた黒スーツで大人の表情披露

 モデルの滝沢カレンが、コーセー「ヴィセ(VISEE)」の新イメージキャラクターに就任した。8月29日から放送される新CMに出演し、胸元が開いた黒いスーツをまとって大人の色気とクールなアイメイクを披露している。

 CMは8月21日に発売された「パウダーチップ アイカラー」(全8色・1600円、編集部調べ)のプロモーションとして制作。同アイカラーはアイホール全体にも、また引き締め色としても使えるメタリックで艶やかなカラーが特徴的だ。滝沢を起用した理由について、ブランドは「グラマラスな色気とクールな抜け感をあわせ持っていること」と「楽しみながら美を追求するスタンス」を挙げており、映像ではメイクアップを行う滝沢の表情やポージングを、クールな世界観で作り上げている。

 滝沢は、「テレビでは見せたことのない、モデルとしての顔を見せることを意識しました。 『ヴィセ』のCMでは、モデルの私でいられたのがすごくうれしくて。 モデルとして根を張っていきたいと思っているので、その大きい木の根を今回のCMで張らせてもらえたと思いますし、かっこいいものが大好きなので、そこも私らしく表現できたかな?と思います」とコメントした。

 1994年に誕生した同ブランドのイメージキャラクターにはこれまで、RIKACO(当時は村上里佳子)、安室奈美恵、浜崎あゆみ、倖田來未、土屋アンナなどが起用されている。滝沢は2013年から勤めていたローラの後を継ぎ、ブランドの魅力を発信していく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら