ビジネス

ベラ・ハディッドがセクシーなへそ出し デニムの「トゥルー レリジョン」復活後の初キャンペーン

 2017年7月に破産法適用を申請したカリフォルニア発のプレミアムデニムブランド「トゥルー レリジョン(TRUE RELIGION)」が、復活を懸けて同じくカリフォルニア出身のモデル、ベラ・ハディッド(Bella Hadid)をブランドの顔に起用した。

 「トゥルー レリジョン」はベラの起用について「SNSを駆使するカーダシアン一家の一員でありながら、古代エジプトの王妃のような不朽の美しい顔を持つベラは過去と現在を結ぶ役割を果たしてくれると思う。彼女を起用したことは、未来を見据えつつ現代的視点を持ったブランドのDNAと一致する自然な選択だった」とコメントしている。

 一方でベラは、「ロサンゼルスを象徴するデニムブランドと撮影できたことは素晴らしい体験だった。私は『トゥルー レリジョン』と共に育った。そんなブランドの新たな章に参加できたことをうれしく思う」と語った。

 ベラを起用した18-19年秋冬・ホリデーキャンペーンの広告は、フォトグラファーのブー・ジョージ(Boo George)が撮影、スタイリストのミミ・カトレル(Mimi Cuttrell)がスタイリング、ジェン・アトキン(Jen Atkin)とメアリー・フィリップス(Mary Phillips)のデュオがヘアとメイクを手掛けた。同広告のキャンペーンは8月17日からメディアで、9月6日からアメリカとイギリスの店舗でスタートする。
 
 「トゥルー レリジョン」が大々的にアイコン的モデルを起用したのは数年ぶりのことだ。15年にはNBA選手のラッセル・ウェストブルック(Russell Westbrook)とコラボしたコレクションを発表。17年には気鋭の女優、ヘリゼン・グアルディオラ(Herizen Guardiola)や、ヘヴィメタルバンドのモトリー・クルー(Motley Crue)のドラマー、トミー・リー(Tommy Lee)をデジタルキャンペーンに起用していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。