ファッション

カーラの次はベラ・ハディッド 「タグ・ホイヤー」が新アンバサダー発表

 「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」は13日、モデルのベラ・ハディッド(Bella Hadid)をブランド・アンバサダーとして迎えることを発表した。同ブランドは以前起用したカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)に引き続き、SNS全体で1,000万人のフォロワーを抱えるベラを起用することで、ソーシャルメディアを中心に若年層や女性へのブランド訴求をより強化する。

 ニューヨーク・ソーホーで行われたブランド・アンバサダー発表イベントで、ベラは「タグ・ホイヤー」の新作ウオッチ“リンク レディ”を着けて登場。アメリカのフォトグラファー、キャス・バードが撮影した新しい広告ビジュアルを披露した。その他、ベラとジャン=クロード・ビバー=タグ・ホイヤーCEO兼LVMHウォッチ社長がボクシングエクササイズを行ったり、同ブランドのイベントで恒例とされるスイスチーズのカットを行った。

 ビバーCEOはベラの起用について「ベラを『タグ・ホイヤー』に迎えることができ、非常にうれしい。大胆で堂々とした現代の若者を魅了するのを後押しする、ベラのような人が必要だ」とコメントしている。

【関連記事】
■「タグ・ホイヤー」がJリーグ初の公式タイムキーパーに就任
■カーラ・デルヴィーニュが「タグ・ホイヤー」の新アンバサダーに就任

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら