ファッション

ベラ・ハディッドがお祝い 「タグ・ホイヤー」が銀座に世界最初の次世代ブティック

 「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」は4月9日、東京・銀座に移転オープンしたフラッグシップストアのオープンを祝い、モデルでアンバサダーのベラ・ハディッド(Bella Hadid)を招いたオープニングセレモニーを開催した。

 ベラは、ギンガムチェックのミニワンピ姿で登場。自身の限定モデル“タグ・ホイヤー リンク レディ ベラ・ハディッド エディション”を身につけ、歌舞伎俳優の中村獅童、ジャン・クロード・ビバー(Jean Claude Biver)LVMHウォッチ部門プレジデント兼タグ・ホイヤー最高経営責任者(CEO)と店舗の前で鏡開きを行った。

 移転したブティックは、新コンセプトストアの世界1号店。大きな特徴は店舗のディスプレイにタッチするだけで自分だけの1本を作ることができ、その時計がディスプレイから瞬時に現れる“コネクテッド什器”。ケース、ベゼル、文ベルトなど、時計を構成するパーツを「モジュール」と呼び、それを組み合わせることで無限のパーソナライゼーションを提供する「タグ・ホイヤー」ならではの店舗だ。選んだモデルは自身のモバイル端末に転送可能で、追ってウェブで購入することも可能だ。ビバーCEOは、「“モジュール・ブティック”に販売員はいらない。少なくとも、接客は最初からマストではなく、助けて欲しい時だけ呼ぶことができる。夏にはニューヨーク、秋にはロンドンに同じコンセプトのショップをオープンするつもりだが、トーキョーが最初。トーキョーは、なんでもナンバーワンだ!」と笑い飛ばす。

 ベラは、「時計に気軽に触れられるし、購入も簡単。自由に選べるのも面白い。私の時計は、とってもゴージャス!ダイヤモンド、大好き!」と話した。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら