ニュース

ナイキがイスラエルのIT企業を買収 NYのデータ分析企業買収に続くデジタル強化

 ナイキ(NIKE)がイスラエルのテルアビブを拠点にするIT企業、インヴァーテックス(INVERTEX)を買収した。買収額など取り引きの詳細は明らかになっていない。

 ナイキのアダム・サスマン(Adam Sussman)=チーフ・デジタル・オフィサーは「ナイキは顧客とのあらゆるタッチポイントで最高の体験を提供することを目指している。インヴァーテックスの買収によってデジタル関連の知識を深め、コンピュータービジョン(コンピューターによる画像認識・処理などの技術)とAI(人工知能)を強化する」と買収の理由を明らかにした。

 インヴァーテックスは、マスカスタマイゼーションの分野で活躍するコンピュータービジョン企業で、身体を3Dスキャンして商品購入につなげるモバイルアプリなどを開発している。同社を率いるダヴィド・ブレイチャー(David Bleicher)最高経営責任者は、インヴァーテックスはナイキの生産効率化戦略“コンシューマー・ダイレクト・オフェンス”を推し進めるとしている。

 なお、ナイキは3月にもニューヨークのデータ分析企業、ゾディアック(ZODIAC)を非公開額で買収したばかりだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら