ビジネス

ナイキがイスラエルのIT企業を買収 NYのデータ分析企業買収に続くデジタル強化

 ナイキ(NIKE)がイスラエルのテルアビブを拠点にするIT企業、インヴァーテックス(INVERTEX)を買収した。買収額など取り引きの詳細は明らかになっていない。

 ナイキのアダム・サスマン(Adam Sussman)=チーフ・デジタル・オフィサーは「ナイキは顧客とのあらゆるタッチポイントで最高の体験を提供することを目指している。インヴァーテックスの買収によってデジタル関連の知識を深め、コンピュータービジョン(コンピューターによる画像認識・処理などの技術)とAI(人工知能)を強化する」と買収の理由を明らかにした。

 インヴァーテックスは、マスカスタマイゼーションの分野で活躍するコンピュータービジョン企業で、身体を3Dスキャンして商品購入につなげるモバイルアプリなどを開発している。同社を率いるダヴィド・ブレイチャー(David Bleicher)最高経営責任者は、インヴァーテックスはナイキの生産効率化戦略“コンシューマー・ダイレクト・オフェンス”を推し進めるとしている。

 なお、ナイキは3月にもニューヨークのデータ分析企業、ゾディアック(ZODIAC)を非公開額で買収したばかりだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら