ファッション

ヴァージル・アブロー × 「ナイキ」の「THE TEN」で人気の“ヴェイパーマックス”が色違いで再登場

 「ナイキ(NIKE)」と「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のメンズ・アーティスティック・ディレクターへの就任が決まっているヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)のコラボ“ヴェイパーマックス(VAPORMAX)”が3月30日から販売される。「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」の公式インスタグラムで発表された。

 同スニーカーは昨年11月に発売され、世界中のスニーカーシーンを席巻した「ナイキ」とヴァージルによるスニーカーのリデザインプロジェクト「THE TEN」でも特に人気の高かった“ヴェイパーマックス”の色違い。昨年発売されたモデルはブラックのアッパーとソールユニットにホワイトのスウッシュだったが、今回はブラックのアッパーに透明なソールユニット、そしてスウッシュとアイコニックな引用符で括られた“AIR”の文字がブラックにアップデートされている。

 価格は2万7000円で、「ナイキ」の公式アプリ「NIKE SNKRS APP」や東京・青山にある「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー」の旗艦店、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)、スニーカー専門店のアトモス(atmos)、ミタスニーカーズ(mita sneakers)、アンディフィーテッド(UNDEFEATED)などで取り扱う予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら