ファッション

「ショーメ」の19世紀の圧巻のジュエリーが来日 日本初の大規模な展覧会開催

 フランスのジュエラー、「ショーメ(CHAUMET)」は、6月28日~9月17日、三菱一号館美術館で「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界―1780年パリに始まるエスプリ」を開催する。展覧会開催に先駆け、26日にマンダリン オリエンタル 東京でオープニングイベントを開催した。
 
 ジャン・マルク=マンスヴェルト(Jean-Marc Mansvelt)ショーメ最高経営責任者は、「昨年の北京・紫禁城での開催に次ぐもので、約300点ものジュエリーを日本で披露する。日本においてこれだけの規模の展示はこれまでもこれからもないだろう。次世代に受け継いでいきたいジュエリーを中心に15もの美術館や文化施設からの協力を得て展示にこぎつけた。1780年創業の『ショーメ』は、単に宝飾の歴史のみならず、パリの歴史を物語るものであり、フランスの文化、芸術、創造性を伝える役割も果たしている」とコメントした。
 
 展覧会の音声ガイドを務めた桐谷美玲は、「『ショーメ』といえば、ティアラをイメージするが、200のティアラのレプリカがあるので、それを実際に見てみたい。それをもとに世界に一つだけのティアラが作り続けてきたのが素敵だなと思った」と語った。

 同展はアンリ・ロワレット(Henri Loyrette)=ルーヴル美術館(Musée du Louvre)名誉館長監修の下、18世紀後半から現代まで約240年におよぶ「ショーメ」の伝統と歴史を紹介する。ロワレット氏と高橋明也・三菱一号館美術館館長の親交が深いことから同館での開催が実現した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。