ファッション

ラッパーのエイサップ・ファーグが「ティファニー」とコラボ

 「ティファニー(TIFFANY)」は新キャンペーン“ビリーブ・イン・ドリーム(BELIEVE IN DREAM)”のショートフィルムを制作した。映画「ティファニーで朝食を(Breakfast at Tiffany's)」へのオマージュで、女優のエル・ファニング(Elle Fanning)がニューヨークを舞台に“現代のオードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn)”を演じる。音楽はエイサップ・ファーグ(A$AP Ferg)が「Moon River」をリメイクし、ファニングが軽やかな歌声を披露している。ファーグは、「高校の時に毎日(五番街の)『ティファニー』の前を通って通学していた。僕の歌詞がそのブランドストーリーの一部になるとは思ってもいなかった。これこそ、現実に起きた夢だ」とコメントしている。このリメイク版は「スポティファイ(Spotify)」で独占配信している。

 ショートフィルムでは、ライアン・ハフィントン(Ryan Heffington)の振付によるダンスもフィーチャーされており、ダンサーのマディー・ジーグラー(Madison Ziegler)が見事なパフォーマンスを見せている。このキャンペーンでは“ニューヨークは何でも起こりうる場所であり、「ティファニー」は夢が現実になる場所だ”ということを表現。

 5月31日には、ニューヨーク五番街の「ティファニー」旗艦店の屋上で完全招待制のファーグのライブが開催される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。