ファッション

「D&DEPARTMENT」が変わる、ナガオカケンメイが明かすゲストハウス付きの新業態構想

 「ディアンドデパートメント(D&DEPARTMENT)」が「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」と運営するコンセプトショップ、グッドデザインショップ(GOOD DESIGN SHOP)の閉店を発表し、話題となった。表参道店は7月9日、大阪店は12日までの営業だ。両社が次を目指すためのステップといい、「ディアンドデパートメント」自体も“原点に戻る”ことを目指して大きくリブランディングを実施するという。今後「ディアンドデパートメント」が目指す場所について、ナガオカケンメイD&DEPARTMENT PROJECTディレクターに話を聞いた。

WWD:そもそも「ディアンドデパートメント」はどのような思いで立ち上げたのでしょうか。

ナガオカケンメイ(以下、ナガオカ):もともと建築家という職業に憧れがあって、クライアント仕事をする建築士とは異なり、社会に向かって建築というジャンルを探るような人を建築家だと考えているんですが、デザイナーも業界の中だけでクライアント仕事に依存するのではなく、社会に対してコミットしていかなければいけないと考えました。自分自身も“デザイン活動家”を名乗っていますが、デザイナーと社会との関わり方に興味があったんですね。

WWD:社会との接点としてお店を作ったということですか。

ナガオカ:生活道具が好きで、そういったものを集めたお店を作りました。デザイナーとしてまずはデザインされた商品の売り方を考えなければいけないと。われわれはD&DEPARTMENT PROJECTと名乗っていますが、あくまでもこれはビジネスというより“PROJECT”なんです。いずれあるべき姿が見つかった時には社名から“PROJECT”を取りたいんですが、なかなか取れないんです(笑)。

WWD:その後、店舗を拡大してきたと。

ナガオカ:はい。当初は直営店を主要都市に出していくことを考えていましたが、ある時、北海道でどうしても自分がやりたいという人が出てきまして。それまでは自分で絶妙な構成で売り場を作ってきたので、初めは断ったんです。でも、彼はグラフィックデザイナーなのですが、キュレーションさせたら案外面白くて。これは東京をコピーした直営店を地方に作るのではなく、地域に住む人に運営を任せるフランチャイズ型がいいんじゃないかということで、2007年から出店の方向性を切り替えました。

WWD:ガイドブック「d design travel」も北海道からスタートしましたよね。

ナガオカ:柳宗理さんが「電車のアナウンスも民芸だ」とおっしゃっていたことに衝撃を受けて、生活の中にある普通の“コト”に興味が湧いたことがきっかけでした。当時北海道店を作った後で、北海道店のオーナーの佐々木(信)さんと旅をしていたのですが、そうしたモノゴトをまとめる形で試作品としての「d design travel」初号ができました。その後も都道府県ごとに毎年3冊ずつ「d design travel」を作っています。

WWD:海外ではソウルに出店をしていますが、いつから海外に目を向けていたのでしょうか。

ナガオカ:実は2003年頃にニューヨーク店の構想がありましたが、当時はうまくいかず、話がなくなりまして。その後、ソウルからもやってみたいという話をいただいて、海外でも地域性の考え方が当てはまるのかを試すために実験的な店舗としてソウル店をオープンしました。

WWD:出店は相手があってこそ、というイメージなんですね。

ナガオカ:よく会社として成長が遅いとか、どういった展開方針かと聞かれるのですが、誰かからやりたいと言われなければ店舗を出すつもりはないんです。とくにフランチャイズ式に変わってからは、なおさら、よそ者がある地域の良さを見つけるのは限界があると感じています。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら