ファッション

コム デ ギャルソンの新ブランド名は「CDG」 初のネット販売も

 コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)は7月、新ブランド「CDG」を始動する。同社の40年間にわたるクリエイションを意味するシンボルロゴをデザインした商品を発売予定だ。また、同社初のネット販売を行うため、新たに公式サイトもローンチした。

 4月27日、新ブランドの告知を兼ね、「CDG」の限定商品を販売するゴールデンウイークキャンペーン「CDG BREAKING NEWS」が始まった。青山、丸の内、京都、大阪、福岡、名古屋、新宿の直営店とドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)で実施している。

 限定アイテムは、コーチジャケット(1万5000円)、PVCバッグ(6000円)、パーカ(1万5000円)、プリントTシャツ(1万円)、スニーカー(1万4000円)。

 新ブランドについては、エイドリアン・ジョフィ(Adrian Joffe)=コム デ ギャルソン インターナショナル(COMME DES GARCONS INTERNATIONAL)最高経営責任者(CEO)兼ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)CEOが、ドーバー ストリート マーケット ペキンのオープニングパーティーでECを中心とした18番目のブランドとして説明していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら