ファッション

ベッカムが英王室結婚式で着用したキム・ジョーンズによる「ディオール オム」をオークションに出品

 元プロサッカー選手のデヴィッド・ベッカム(David Beckham)は、5月19日に催されたサセックス公爵ヘンリー王子(Prince Harry、ハリー王子)とメーガン・マークル(Meghan Markle)=サセックス公爵夫人の結婚式で自身と妻のヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)が着用したスーツとドレスを、チャリティーオークションに出品したことをインスタグラムで明らかにした。

 デヴィッドがロイヤル・ウエディングで着用したチャコールグレーのモーニングスーツは、キム・ジョーンズ(Kim Jones)「ディオール オム(DIOR HOMME)」新クリエイティブ・ディレクターが同職に就任して初めて手掛けたもので、ジャケットの内側にはデヴィッドのイニシャル“DB”の刺しゅうが施されている。また、このスーツに合わせたライトグレーのダブルのベストと、エジプト綿ポプリンのシャツ、シルクサテンのネクタイ、黒のレザーシューズも出品されている。一方ヴィクトリアは、自身のブランド「ヴィクトリア ベッカム」の2019年プレ・スプリング・コレクションから、スリーブにカッティングとネック部分にベルトが施されたネイビーのミディドレスを出品している。

 チャリティーオークションは、10〜5000ドル(約1090〜54万5000円)の小口で寄付金を受け付けており、寄付金が多いほど当選する確率が高くなる仕組みだ。収益金は、チャリティー団体オメイズ(Omaze)との提携で、2017年5月にアリアナ・グランデ(Ariana Grande)のコンサート会場で起きた爆破テロ事件を受けて創設された基金、ウィー ラブ マンチェスター エマージェンシー ファンド(We Love Manchester Emergency Fund)に寄付される。

 なお、キムのファースト・コレクションとなる「ディオール オム」19年春夏コレクションは、パリ・メンズ・ファッション・ウイーク期間中の6月23日に披露される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら