ファッション

トレンドは女子っぽいバッグ! 「プラダ」メンズも小ぶりアクセが大豊作

 2019年春夏ミラノメンズでは、バッグが急速に小型化している。ほとんどのことがスマホ一台で片付いてしまう時代、すでに「A4の書類が入るか、否か?」なんて選択基準は過去のものとなり、最近では「ネック・ウォレット(首から下げる財布サイズの革小物のこと)」なんて呼ばれる商品も登場しているが、「ヴェルサーチ(VERSACE)」を筆頭にウィメンズのクロスボディーバッグをメンズにコーディネートするブランドが増えている。多様性が叫ばれる時代のせいか?男女の境界線は再び曖昧となり、2つの世界のクロスオーバーが盛んだ。「プラダ(PRADA)」も、そんなブランドの代表格。フリル付きのシャツさえ登場するコレクションのアクセサリーは、レディライクな小ぶりバッグだ。

 今シーズンの「プラダ」は、巷のストリートブーム、ビッグボリューム一辺倒のスタイル提案から距離を置き、“ミニマル”や“スリーク(Sleek. 「艶やか」という意味の英語)”などをテーマに1960年代のスタイルをベースにしたメンズエレガンスを提案した。シルエットは基本、スキニー。日本製というポリエステル100%のテクノジャージー、ポリウレタンを混紡したような弾性と膨らみを持つニットジャージー、そして当時のスイムウエアから着想したベリーショート丈のショーツなどは体にピッタリフィット。そこにレトロなフラワープリントなどを加えた。

 色も鮮やかで、ニットジャージーのスニーカーはもちろん、デッキシューズにもあらゆる色を用い、その印象を大きく変える。唯一ボリュームたっぷりなのは、ウィメンズの19年プレ・スプリング・コレクション(クルーズ・コレクション)にも登場した、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)へのオマージュとも言われるミリタリーハットくらいだ。

 バッグも、レディライクな小ぶりのクロスボディーが多い。クジラなどのマリンモチーフをプリントしたサコッシュのようなバッグは、男女でシェアできそうなアイテムだ。一方、ウィメンズの定番バッグ“ガレリア”は、メンズサイズに大きく。ナップサックなど、豊富なバリエーションがそろう。アクセサリーが主役のシーズンだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。