ファッション

19年春夏ミラノメンズ最大のトレンドはスポーツ 「マルニ」にはオリンピック選手が大集合!?

 2019年春夏のピッティ&ミラノメンズでは、スポーツが一大トレンドだ。「MSGM」はバレーボール、「Z ゼニア(Z ZEGNA)」はテニス、「ニール バレット(NEIL BARRETT)」はダイビングさながら深海に想いを馳せたモードなトロピカル。こうしたブランドの中で一番、スポーツと現代社会、ブランドやデザイナーのアイデンティティーを上手くミックスしたのが、「マルニ(MARNI)」だ。

 「マルニ」は、スポーツの祭典オリンピックに想いを馳せた。しかしそれは、スポーツ最高峰の舞台だからではなく、だからこそさまざまなアスリートが集う多様性に富んだ場所だから。ダイバーシティー(多様性)が叫ばれる時代にふさわしい、コレクションの出発点だ。その証拠にモデルは先シーズン同様千差万別で、柔道かレスリングにでも出場するような“ずんぐりむっくり”の男性から、陸上の長距離選手のようにスラリとした黒人などバラバラ。そんな男性たちは、ベースボールシャツやレスリングのガウン、スイムタンク、クリケットニットなど、さまざまなスポーツにヒントを得たユニホーム調のアイテムを縦横無尽にミックスする。着こなすアスリートが「さまざま」なら、彼らが身にまとうユニホームのインスピレーション源のスポーツも「さまざま」、そんなところだ。

 「さまざま」なのは、これだけに止まらない。相変わらず、サイジングも「さまざま」だ。シワを寄せたナイロンブルゾンやベースボールシャツ、寝袋を脱構築して作ったボンバーズは巨大なシルエットなのに、クリケットにニットはピッチピチ。「さまざま」なサイズ感のアイテムを用意することで、選ぶ人にスタイルの主導権を委ねる。フランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)の「マルニ」メンズは、どこまでも自由奔放で、個々を尊重してくれる。

 洋服を彩ったのは、人間の裸を抽象的に描いた画家、もしくはその一部を切り取ったカメラマンの作品だ。ユニホームに由来する洋服に、身体に迫る抽象的、もしくは写実的なアートを盛り込む。こうすることで、今シーズンのスタイルとスポーツの関係性を高めた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら