ビジネス

イザベル・マランとロレアルがコラボ ナチュラルな世界観を反映したヌードメイクコレクションを製作

 イザベル・マラン(Isabel Marant)と「ロレアル パリ(L'OREAL PARIS)」がコラボした限定メイクアップコレクションが9月に発売される。コレクションは、ナチュラルでスモーキーなリップ、アイメイク、チークなどをそろえる。

 自身の名を冠したブランド「イザベル マラン」は、ボヘミアンなパリジャンとトムボーイをミックスしたようなスタイルで知られ、ビヨンセ(Beyonce)やグウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)らセレブが着用していることでも注目されている。

 マランは「ヌードメイクのメイクアップコレクションを作りたい。でも一方で、いつもバッグに入れておいて、いつでも使える必要最低限のプロダクトにもしたいと考えている。コレクションは、1日中ナチュラルでいたいけど、夜出かけるためにわざわざ家に戻ってお直しする時間はないという“イザベル マラン ガール”の日常に寄り添うものでありたい。だから、一瞬で簡単にメイクが完成できるプロダクトを3、4個そろえる」と語る。
 
 「ロレアル パリ」がファッションデザイナーとコラボするのはこれで2度目だ。過去には「バルマン(BALMAIN)」のクリエイティブ・ディレクターを務めるオリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)とコラボした。

 ピエール・エマニュエル・アンジェログル(Pierre Emmanuel Angeloglou)「ロレアル パリ」グローバル・ブランド・ディレクターは、イザベル・マランを次なるコラボ相手に選んだ理由を「彼女は最もアイコニックなパリジャン・ファッションブランドを築いた人物。彼女は『ロレアル パリ』が今注力しているフェミニニティーを完璧に体現している。自己実現した女性を表現することができ、優秀でロールモデルであり、コミュニケーション能力もある。刺激的でありながらナチュラルで大胆だ」と説明する。

 「ロレアル パリ」とイザベル・マランのコラボコレクションは9月19日にオンラインで先行発売し、その後パリ・ファッション・ウイークで「イザベル マラン」がショーを開催する9月27日に、「ロレアル パリ」の店舗とECサイトおよび「イザベル マラン」の店舗で世界発売する。なお、「ロレアル パリ」はパリ・ファッション・ウイークのオフィシャルスポンンサーを務めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら