ファッション

「アンディフィーテッド」渋谷店がオープン 過去のレアスニーカーも販売

 LA発のスニーカーショップ「アンディフィーテッド」は6月16日、キャットストリートに渋谷店をオープンする。住所は渋谷区神宮前5-29-8で、「ジルスチュアート ウェディング(JILLSTUART WEDDING)」の跡地だ。2017年8月に福岡店をオープンして以来の出店で、国内8店舗目となる。

 LAの「アンディフィーテッド」同様、ミリタリーとスポーツをコンセプトにした内装で、開放感のある空間にジムのロッカールームをイメージした什器やアメリカンフットボールをほうふつとさせるスポーツベンチなどを設置する。総売り場面積は約100平方メートルで、1階はメンズ、2階はウィメンズと雑貨などを扱う。メーンのスニーカーを壁面に整然と並べる他、近年強化しているというオリジナルアパレルもラインアップ。 “リージョンTシャツ”と呼ばれる渋谷店限定のTシャツに加え、オープンを記念し、LAを拠点に活動するグラフィックデザイナー、ジェフ・マクフェトリッジ(Geoff McFetridge)が手掛けたTシャツ(6000円~)も発売する。また、「アディダス バイ アンディフィーテッド(ADIDAS BY UNDEFEATED)」の“ウルトラブースト(ULTRABOOST)”や、17~18年にかけ発売した「ナイキ(NIKE)」と「アディダス(ADIDAS)」のリストック(再入荷分)も販売する。

 同店舗の売り上げ目標は月3000万円。「アンディフィーテッド」は今季、さらに出店を加速し、7月に原宿明治通りと大阪難波、8月に名古屋、9月に新宿ルミネエストに出店する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。