ファッション

「アンディフィーテッド」渋谷店がオープン 過去のレアスニーカーも販売

 LA発のスニーカーショップ「アンディフィーテッド」は6月16日、キャットストリートに渋谷店をオープンする。住所は渋谷区神宮前5-29-8で、「ジルスチュアート ウェディング(JILLSTUART WEDDING)」の跡地だ。2017年8月に福岡店をオープンして以来の出店で、国内8店舗目となる。

 LAの「アンディフィーテッド」同様、ミリタリーとスポーツをコンセプトにした内装で、開放感のある空間にジムのロッカールームをイメージした什器やアメリカンフットボールをほうふつとさせるスポーツベンチなどを設置する。総売り場面積は約100平方メートルで、1階はメンズ、2階はウィメンズと雑貨などを扱う。メーンのスニーカーを壁面に整然と並べる他、近年強化しているというオリジナルアパレルもラインアップ。 “リージョンTシャツ”と呼ばれる渋谷店限定のTシャツに加え、オープンを記念し、LAを拠点に活動するグラフィックデザイナー、ジェフ・マクフェトリッジ(Geoff McFetridge)が手掛けたTシャツ(6000円~)も発売する。また、「アディダス バイ アンディフィーテッド(ADIDAS BY UNDEFEATED)」の“ウルトラブースト(ULTRABOOST)”や、17~18年にかけ発売した「ナイキ(NIKE)」と「アディダス(ADIDAS)」のリストック(再入荷分)も販売する。

 同店舗の売り上げ目標は月3000万円。「アンディフィーテッド」は今季、さらに出店を加速し、7月に原宿明治通りと大阪難波、8月に名古屋、9月に新宿ルミネエストに出店する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら