ファッション

「アンディフィーテッド」渋谷店がオープン 過去のレアスニーカーも販売

 LA発のスニーカーショップ「アンディフィーテッド」は6月16日、キャットストリートに渋谷店をオープンする。住所は渋谷区神宮前5-29-8で、「ジルスチュアート ウェディング(JILLSTUART WEDDING)」の跡地だ。2017年8月に福岡店をオープンして以来の出店で、国内8店舗目となる。

 LAの「アンディフィーテッド」同様、ミリタリーとスポーツをコンセプトにした内装で、開放感のある空間にジムのロッカールームをイメージした什器やアメリカンフットボールをほうふつとさせるスポーツベンチなどを設置する。総売り場面積は約100平方メートルで、1階はメンズ、2階はウィメンズと雑貨などを扱う。メーンのスニーカーを壁面に整然と並べる他、近年強化しているというオリジナルアパレルもラインアップ。 “リージョンTシャツ”と呼ばれる渋谷店限定のTシャツに加え、オープンを記念し、LAを拠点に活動するグラフィックデザイナー、ジェフ・マクフェトリッジ(Geoff McFetridge)が手掛けたTシャツ(6000円~)も発売する。また、「アディダス バイ アンディフィーテッド(ADIDAS BY UNDEFEATED)」の“ウルトラブースト(ULTRABOOST)”や、17~18年にかけ発売した「ナイキ(NIKE)」と「アディダス(ADIDAS)」のリストック(再入荷分)も販売する。

 同店舗の売り上げ目標は月3000万円。「アンディフィーテッド」は今季、さらに出店を加速し、7月に原宿明治通りと大阪難波、8月に名古屋、9月に新宿ルミネエストに出店する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。