ファッション

アパ産協の新理事長にレナウン北畑社長

 日本アパレル・ファッション産業協会(アパ産協)は14日に都内で総会を開き、新しい理事長に北畑稔レナウン社長(56)が就任する人事を決定した。理事長を9年間務めた廣内武オンワードホールディングス会長(75)は最高顧問に退く。組織の若返りを図ることで、需要拡大や人材育成、業務プロセス改善など山積する課題への対応を強める。

 アパ産協はアパレルを中心にした約350社で組織される業界団体。長年の課題である店頭販売の不振や産地の空洞化に加えて、近年はネット通販の急成長や2次流通の台頭などへの消費市場の変化が喫緊の課題として浮上している。北畑新理事にはこれら諸問題へのリーダーシップの発揮が求められる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら