ビジネス

ロレアルが「ヴァレンティノ」とライセンス契約 化粧品もスタートか?

 ロレアル(L'OREAL)は5月28日、「ヴァレンティノ(VALENTINO)」とファインフレグランスおよびラグジュアリービューティのグローバルライセンス契約を締結したと発表した。詳細は明かされていないが、メイクアップラインを含む化粧品事業をスタートする可能性もある。長期間契約で2019年1月1日に発効する。

 ニコラス・ヒエロニムス(Nicolas Hieronimus)=ロレアル デピュティ最高経営責任者(CEO)は「一流ブランドでありながら現代性も備えた『ヴァレンティノ』は、世界中のミレニアル世代をとりこにするだけでなく、われわれのブランドポートフォリオにもマッチしている」とコメントした。ステファノ・サッシ(Stefano Sassi)=ヴァレンティノCEOは「『ヴァレンティノ』はビューティ分野における大きなポテンシャルを持っていると信じている。ビューティのプロフェッショナルであるロレアルのサポートで、そのポテンシャルが花開くだろう」と語った。

 「ヴァレンティノ」は現在プーチ(PUIG)と化粧品のライセンス契約を締結しており、その前はプロクター・アンド・ギャンブル(PROCTER & GAMBLE)と契約していた。現在「ヴァレンティナ」シリーズや「ドンナ アクア」「ウオモ アクア」など人気の香りを多く持ち、日本では川辺が取り扱っている。また、ロレアルのリュクスディビジョンは「サンローラン(SAINT LAURENT)」「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」など多くのラグジュアリーメゾンとライセンス契約している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。