ビジネス

「ドリス ヴァン ノッテン」が身売り フレグランス事業に強いプーチ傘下に

 「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」が「ニナ リッチ(NINA RICCI)」や「ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)」などを擁し、多くのブランドのビューティ&フレグランスを手掛けるプーチ(PUIG)傘下に入ることが判明した。

 両社は14日に共同で声明を発表。「プーチはドリス ヴァン ノッテンの主要株主となる。ドリス本人は引き続き少数株を保有し、チーフ・クリエイティブ・オフィサー兼取締役会会長としてブランドに留まる」。

 「ドリス ヴァン ノッテン」は1986年にアントワープで創業。今年3月にはビジネス拡大のため、資本を注入してくれるパートナーを探していると報道されていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら