ビジネス

「ドリス」がビジネス拡大を狙い資本家探し 複数が興味示す?

 「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」がビジネス拡大のため、資本を注入してくれるパートナーを探しているようだ。ブランドは、投資家探しを米ニューヨーク発祥の経営コンサルティング企業ヴァンドーム・グローバル・パートナーズ(VENDOME GLOBAL PARTNERS)に依頼。複数のファッション・コングロマリットや民間の投資会社が興味を示しているようだ。

 デザイナーやコンサル企業からのコメントは得られなかった。

 デザイナーのドリスはかつてのインタビューで、「我々は必ずしも毎年売り上げを伸ばさなければならないワケではないし、世界のあらゆる都市にショップを構える必要もない。ラグジュアリー・ビジネスではあるものの、やりたいことを続けるだけ。好きなことを続けるのに忙しく、バッグやシューズ、サングラスばかりに気をとられる必要もない」とコメントしている。彼は香水ビジネスにも興味はなく、友人のフレデリック・マル(Frederic Malle)とコラボして、いくつかの製品を販売してきたくらいだ。

 ファッション・コングロマリットは、だからこそビジネス拡大の余地が大きいと考えているようだ。業界筋によると、「ドリス ヴァン ノッテン」のビジネス規模は、1億ドル(約105億円)を上回っている程度の模様。店舗はベルギー・アントワープやパリ、東京、香港、ソウルに構えている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら