ニュース

「ケラスターゼ」の人気アイテム「オレオ リラックス」が17年目で初のリニューアル

 2001年に発売して大ヒットし、「ケラスターゼ(KERASTASE)」のアイコンとしてロングセラーアイテムに成長したアウトバストリートメント「オレオ リラックス」が6月1日、発売17年で初のリニューアルを行う。

 リニューアルした製品は日本人女性の5人に4人はクセ毛で、悩みを抱えている人が多いことに着目し開発。美容師の意見に基づいて開発した新テクノロジー“モルフォ ユイル テクノロジー”を採用し、クセ毛へのアプローチを強化した。同テクノロジーは、独自のオイルブレンドが毛髪のダメージ部分を集中的に補修する他、水分の影響を受けて髪がうねる原因のひとつである“キューティクルの不均一性”にアプローチする点が特徴。根元から毛先まで薄く均一にコーティングすることで、湿度80%でも24時間まとまる髪へと導く。「ケラスターゼ」を展開するロレアル(L'OREAL)がクセ毛の日本人女性を対象に使用実感を調査したところ、使用者の95%がまとまりを実感したという。

 また、保湿成分のインカインチオイル、艶成分のココナツオイルなども配合し、髪に艶やかな健康美をもたらす。フレグランスのように奥深い、フローラル・フルーティ・ムスクの香りも特徴となっている。

 ラインアップは、クセを抑え、絡まりにくく柔らかな髪へと導くシャンプー「バン オレオ リラックス」250mL(3000円)、ダメージを補修してキューティクルの偏りを整える集中ヘアトリートメント「マスク オレオ リラックス」200mL(5000円)、まとまりやすく一日中艶めく髪をかなえる洗い流さないトリートメント「フルイド オレオ リラックス」100mL(3800円)の3アイテムとなる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら