ファッション

アリババがスマート物流に1.7兆円投資 10倍以上の生産効率向上目指す

 中国の最大手EC企業アリババは物流子会社の菜鳥(ツァイニャオ)に1000億人民元(約1兆7000億円)を投じる。IoT(モノのインターネット化)やオートメーション化などIT投資により、配送効率の向上と物流コストの大幅削減を目指す。最終的には中国全土での当日配送の実現と全世界に72時間以内に完了させることを目指す。中国で開催した「2018 グローバル スマートロジスティックス サミット(2018 Global Smart Logistics Summit)」に出席したジャック・マー(Jack Ma)会長は「技術革新を進め、菜鳥が物流業界の頭脳になることを目指す。配達員や倉庫、配送拠点、都市、住宅など全てをネットワーク化したい。現在物流業界では1日1億個の荷物を処理しているが、今後は10億個の荷物を処理できるようにしたい」と語った。

 中国のEC企業間では、最大手のアリババと2番手のJDドットコムが激しい競争を繰り広げている。アリババは物流面でJDドットコムに遅れを取っていると言われているが、大型投資で一気に突き放す考え。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。