ニュース

アリババがスマート物流に1.7兆円投資 10倍以上の生産効率向上目指す

 中国の最大手EC企業アリババは物流子会社の菜鳥(ツァイニャオ)に1000億人民元(約1兆7000億円)を投じる。IoT(モノのインターネット化)やオートメーション化などIT投資により、配送効率の向上と物流コストの大幅削減を目指す。最終的には中国全土での当日配送の実現と全世界に72時間以内に完了させることを目指す。中国で開催した「2018 グローバル スマートロジスティックス サミット(2018 Global Smart Logistics Summit)」に出席したジャック・マー(Jack Ma)会長は「技術革新を進め、菜鳥が物流業界の頭脳になることを目指す。配達員や倉庫、配送拠点、都市、住宅など全てをネットワーク化したい。現在物流業界では1日1億個の荷物を処理しているが、今後は10億個の荷物を処理できるようにしたい」と語った。

 中国のEC企業間では、最大手のアリババと2番手のJDドットコムが激しい競争を繰り広げている。アリババは物流面でJDドットコムに遅れを取っていると言われているが、大型投資で一気に突き放す考え。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら