フォーカス

アリババ対JDドットコム、競争激化する中国ラグジュアリーECと根深い“偽物”問題

 中国第2位のEC企業、JDドットコム(JD.COM)が10月10日、ラグジュアリーECサイト「トップライフ(TOPLIFE)」をスタートする。ファッション、アクセサリーから健康用品やビューティ、家具、電化製品まで、あらゆるラグジュアリー製品を網羅。出店するラグジュアリーブランドがオフラインの店舗と同様にブランディングできる環境を整える。

 「ラペルラ(LA PERLA)」「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」「リモワ(RIMOWA)」「トラサルディ(TRUSSARDI)」などの出店がすでに決定しており、今後数週間以内に他の出店決定ブランドは発表される。中には中国でのECが初となるブランドもあるという。

 リチャード・リュー(Richard Liu)会長兼最高経営責任者(CEO)は、「『トップライフ』により、世界中のラグジュアリーブランドが、オフラインの店舗でしか提供できなかった本物の贅沢なショッピング体験を中国全土の顧客に直接提供できるようになった。『トップライフ』はオフラインの贅沢なショッピング体験を、EC上に反映させることを目指している」と話す。

 その実現のため、JDドットコムは、ブランドがECのデザインをコントロールできるようにする他、ファッションコンサルタントや24時間対応のカスタマーサービスを用意している。また、「トップライフ」を通じて販売される商品は、無塵の密室で厳しい温度・湿度コントロール管理のもと、ロボットを備えた倉庫に保管される。

 中国最大手のEC企業アリババ・グループ(ALIBABA GROUP以下、アリババ)は完全招待制のラグジュアリー・プラットフォームを8月にローンチしたばかりだ。また、中国最大手ラグジュアリーEC企業のSECOO.COMも9月にニューヨーク株式市場に上場。JDドットコムはそれらを追う形になる。