ビジネス

ケイト・ブランシェットが「アルマーニ ビューティ」初のミューズに

 「ジョルジオ アルマーニ ビューティ(GIORGIO ARMANI BEAUTY)」は、ブランド初のグローバル・アンバサダーに米女優のケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)を起用する。彼女は2013年からブランドの香水ライン「シィ(SI)」の広告塔を務めているが、今後は香水のみならず、メイクアップやスキンケアを含むビューティカテゴリー全般のミューズとして活動する。

 2度のオスカー受賞歴を持つケイトは、18年も「オーシャンズ8(OCEAN’S 8)」「WHERE’D YOU GO, BERNADETTE(原題)」「壁のなかの時計(THE HOUSE WITH A CLOCK IN ITS WALLS)」「モーグリ(MOWGLI)」など米国で公開予定の映画が目白押しだ。カンヌ映画祭では今年、審査委員長を務めた。

 デザイナーのジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)はケイトについて、「ブランドにふさわしい女性だ。輝きのある洗練された彼女の自然な気品と、際立つ美しさは魅力的。長期にわたる彼女との結びつきが、さらに深まることをうれしく思う」と述べた。

 同ブランドは3月、ロレアル(L’OREAL)とのライセンス契約を更新し、2050年までに延長している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら