フォーカス

「ジバンシイ」のミューズに就任したブランカ・パディーヤが語る美の秘訣 ストレス解消法は“長時間のフライト”

 「ジバンシイ(GIVENCHY)」は4月18日夜、新作リップ「ルージュ・ジバンシイ・リキッド」の発売記念パーティーを開催した。同パーティーには世界各国のインフルエンサーや業界関係者を招待し、ニコラ・ドゥジェンヌ(Nicolas Degennes)「ジバンシイ」メイクアップ アンド カラー アーティスティック・ディレクターらが来日。また、2017年10月、本国のミューズにスペイン人モデルのブランカ・パディーヤ(Blanca Padilla)が就任した。パーティーのために来日したブランカが、新作のリップとミューズについての意気込みを述べた。

WWD:ミューズに就任した感想は?

ブランカ・パディーヤ(以下、ブランカ):「ジバンシイ」は昔から憧れていたメゾンよ。ファッションもメイクも、エレガントでありつつ、力強さを兼ね備えるスタイルが魅力の「ジバンシイ」。身にまとうだけで、自信を与えてくれる素晴らしいブランドだわ。そんなメゾンのミューズになれたことは大変光栄に思う。

WWD:「ジバンシイ」のビューティについてどう思う?

ブランカ:革新的でユニークな製品を手掛けたり、新しいマーケットを開拓しているエキサイティングなブランド。既存の製品に甘んじることなく、アプリケーションや質感を変えるなど、常にチャレンジをしていて面白い。ディレクターのニコラは、妥協することを嫌い、メゾンを進化させている。だからこそユニークなアイテムが生まれるし、他ブランドと違う地位を築けているのだと思う。今回のリップもまさにそうよ。

WWD:新作のリップについて教えてください。

ブランカ:唇に潤いを与えながらマットな質感をかなえるのはなかなか難しいと思うが、新リップはベルベットのような仕上がりでありながら、本当に軽い付け心地!まるでリップクリームを塗っているような感覚だわ。アプリケーターにクッション素材を用いており、余分な液を吸収しつつ適量を塗ることができるの。こういった細かいディテールがユニークで、使いやすさにつながっていると思う。

WWD:普段のメイクはどんな感じ?

ブランカ:もっぱらナチュラルなメイクが多いわ。内側から輝くような健康的な肌作りを意識しているの。愛用しているのはセラムなのにハイライターとしても使える「ランタンポレル ブロッサム セラム」。自然な艶感を肌に与え、フレッシュな肌に仕上がるの。新作のリップが発売してからは、今までなかなか手が出せなかったレッドやボルドーなどボールドなリップカラーにも挑戦しているわ。

WWD:ポーチの中身は?

ブランカ:化粧品はリップバームとハンドクリームだけ。