ファッション

「ロンシャン」が広告塔にケンダル・ジェンナーを起用

 「ロンシャン(LONGCHAMP)」は、2018-19年秋冬コレクションの広告塔にケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)を起用する。世界展開のさらなる拡大や若年層の取り込みを目指す「ロンシャン」は、若年層に絶大な人気を持つケンダルの起用を決めたという。

 ソフィ・ドゥラフォンテーヌ(Sophie Delafontaine)=アーティスティック・ディレクターは、「ケンダルは自由で自立した女性。そして自分のスタイルを確立している。これはまさに『ロンシャン』の女性像に合致する」とコメントした。

 一方でケンダルは、「“ワールド・シチズン”という言葉と、『ロンシャン』の間にはシナジーを感じる。私にとってワールド・シチズンとは、多様性を理解し、共有しようとする人。『ロンシャン』は一貫してパリジャンのエッセンスを残しながらも、“ワールド・シチズン”を理解した女性が世界中で着用することができるブランドだ」とコメントした。

 ブランド設立70周年を迎えた「ロンシャン」の18-19年秋冬シーズンのテーマは“モダン・アマゾン”。馬に乗って戦う女性だけの部族“アマゾネス”からインスピレーションを受けた、力強さとセンシュアリティーが共存したコレクションを展開予定だ。

 ケンダルは「フォーブス(FORBES)」誌が発表した2017年度のトップモデル長者番付で2200万ドル(約23億5400万円)を記録し、02年から15年間1位を獲得し続けたブラジル人モデルのジゼル・ブンチェン(Gisele Bundchen)を抜いてトップに躍り出た。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら