ニュース

「美しく年を重ねる女性に」 今年30歳の戸田恵梨香が「ランコム」のミューズに

 「ランコム(LANCOME)」は、日本人初のミューズに女優の戸田恵梨香を起用した。同ブランドは日本、韓国、中国から1人ずつ“ランコム ミューズ”を起用し、今後アジア市場の強化を図る。

 2月26日に開催した発表会に戸田は「ランコム」のモチーフであるローズを意識した特注のドレスで登場した。今回の就任について「『ランコム』というグローバルブランドのミューズに選ばれて大変光栄だ。表面上の美しさだけでなく、内面の美しさに価値を見出すフランスならではのブランドだと感じ、共感できる部分も多い」と話した。「また、私も普段から愛用している美容液『ジェニフィック』は “LOVE YOUR AGE(自分の年齢を愛しましょう)”をモットーに掲げているが、年齢を重ねることをネガティブにとらえず、ボジティブなメッセージを発信していることを魅力に感じる。私の周りにも歳を重ねるごとに魅力を増す素敵な先輩が大勢いらっしゃる。私も今年30歳になるが、多くの女性とともに、今後美しく、誇りを持って年齢を重ねていけたらうれしい」と意気込みを語った。

 彼女は、3月8日の国際女性デーに合わせたキャンペーンでミューズとしての活動を始める。キャンペーンでは、2月26日〜3月31日の間、「#ハッピーウーマンズデー」「#ジェニフィック」「#ランコム」のハッシュタグをつけて笑顔もしくは感謝を伝えたい人と一緒に写っている写真をインスタグラムかツイッターに投稿すると、抽選で5人に「ジェニフィック」のキットと戸田による直筆メッセージをプレゼントする。また、3月2日からカウンターで商品を購入した人にバラのチャームをプレゼントする他、「ジェニフィック」のキットを2種類限定販売する。戸田は「国際女性デーはまだ日本では馴染みがないが、輝く女性をサポートして、感謝の気持ちを伝える素敵な日だと思う。私もブランドをミューズとして、さまざまな女性をサポートしたい」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら