ビューティ

ピンク眉にメタリックシャドウ 新春発売のフォトジェニックコスメ

 新年に新しいチャレンジを始めるなら、コスメで始めるのはいかがだろうか。元旦から続くコスメの発売ラッシュの中に、ひときわ目を引くフォトジェニックなカラフルコスメを発見。1点加えるだけでいつもと違う自分に挑戦できるアイテムを紹介する。今回は「ディオール(DIOR)」「ランコム(LANCOME)」「イブ・サンローラン・ボーテ(YVES SAINT LAURENT BEAUTE)」からピックアップ。

 「ディオール」の春はピンクカラーのアイテムが締めるが、中でも個性的なのは眉毛をピンクに染めてしまうアイブロウマスカラ「ディオールショウ ボールドブロウ」の限定色。ソフトピンクなのでダークトーンの髪にも合わせやすい。さらにアイライナー「ディオールショウ プロ ライナー」も限定色でピンクがラインアップした。

 「ランコム」のチーク「スウィートマカロン ブラッシュ & ブレンダー」は容器がマカロン型で、まさにフォトジェニックなアイテム。ローズとコーラルの2色を限定発売した。さらにパール調のパステルカラーとビビッドカラー10色が入ったアイシャドウパレット「アイ シュガーパレット」も登場。カラーのみならず、筆やケースまでこだわった春らしい商品だ。

 「イブ・サンローラン・ボーテ」のスプリングコレクションはポップなカラーで派手な春を楽しめる。中でもリキッドタイプのアイシャドウ「フルメタルシャドウ」はグリッターが輝くオレンジのジャンキータンジェリン、メタリックなブルーのファンタジーブルーの2色で1月5日から限定発売。さらにケースまでギラギラの「アイパレット ポップイリュージョン」と「リップパレット ポップイリュージョン」も限定で同日発売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら