ファッション

「レスポートサック」デザインコンテストのグランプリ作品が発売 赤ちゃんが認識できる色から着想

 バッグブランド「レスポートサック(LESPORTSAC)」は日本上陸30周年を記念して「テキスタイルデザインコンテスト」を開催。グランプリを獲得したテキスタイル作品“Red & Black”を用いた商品を「レスポートサック」店舗と公式サイトで発売した。

 アイテムはバックパック(1万5000円)やトラベルバッグ(1万5000円)、ポーチ(2600円)など全23型を用意。グランプリを獲得した高橋紘実は「“Red & Black”は生まれたばかりの赤ちゃんが認識できる色が“白、黒、グレー”で徐々に赤を認識するという話からインスパイアされた。赤と黒から着想しつつ、車や鳥、トランプなどの身の回りにあるモチーフを使ってデザインした」と語った。

 同コンテストは、“クリエイターやデザイナーを目指す若者の夢を応援したい”と、ファッション雑誌「装苑」の協力で実現した。津森千里「ツモリチサト(TSUMORI CHISATO)」デザイナーやモデルのSUMIREら審査員が6点を選出した後、店舗とウェブサイトでの一般投票によってグランプリが決定した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら