ニュース

UA子会社のコーエン 佐久間由衣のCM効果で大幅増収

 ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)の4月度は、既存店売上高(店舗とEC)が前年同月比5.7%増と3カ月連続のプラスだった。中でも子会社のコーエン(COEN)が21.6%増と大幅成長した。

 コーエンは3月16日から1カ月間、女優の佐久間由衣を起用しCMを放送。CM効果で新規客が大幅に増え、CM着用アイテムには欠品が出た。放送を開始した3月は26.2%増、4月は21.6%増と伸長した。

 CM放送にあわせて今春夏から商品のテコ入れも実施。以前はアメカジ色が強かったが、モードファッションをベースにしたカジュアルウエアも取り入れた。気温の上昇も後押しし、軽めのブラウスや春物アウター、清涼感のある麻や軽コットンの商品が好調に推移。また、ECと店舗のささげ業務のタイムラグをなくしたこともプラスに働いた。