ビジネス

「スティーブン アラン」が事業縮小 米国内23店舗を6店舗に、卸も終了へ

 ニューヨーク発のセレクトショップ、スティーブン アラン(STEVEN ALAN)の事業縮小が止まらない。全盛期には米国内には23店舗と185人以上の従業員を抱えていたが、現在は6店舗で約20人に削減した。さらにニューヨークとロサンゼルスにあったショールームも閉鎖し、アイウエアのライセンスも終了した。

 これについて創業者のスティーブン・アランは、「縮小してはいるが、会社を終了するわけではない。多くの店舗を閉店し、これからも閉店するが事業の継続を望んでいる」と説明した。アラン創業者は4月25日に従業員に会社の状況を説明し、雇用継続の保証はできないことを告げた。今後は卸業からも撤退し、ニューヨークにある工場では残っている店舗のために生産する。

 2015年4月に投資銀行のフィナンコ(FINANCO)と契約しバッカーを探していたが、実現には至らなかった。

 店舗ではオリジナルブランド比率が25%に過ぎず、それが問題だったという。また、同ブランドの公式ECサイトは技術的問題を抱えており、「これを修正しようとすると膨大な費用がかかった。店舗の在庫をECサイト上で売ることができず、結果的に大幅な値下げが行われた。八方塞がりだった」とアランは語る。

 しかし、アランは「長年にわたって何らかの悪い決断をしたことを自覚しており、回復するのは難しい。だが心から生き残りを望んでいる」と語った。

 「スティーブン アラン」は1994年に創業。セレクトショップの運営の他、同名のオリジナルブランドのウィメンズ、メンズ商品を生産していた。現在はニューヨークのトライベッカ、チェルシー、ブルックリン、アッパーウエストサイドとボストン、アトランタに店舗を構える。

 なお、日本ではユナイテッドアローズが提携しており、現在「スティーブン アラン」5店を運営する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら