ファッション

スポーツブランド「ヒュンメル」のウィメンズストアがオープン デンマークのアンティーク食器もセレクト

 デンマーク発のスポーツブランド「ヒュンメル(HUMMEL)」は、2018年春夏からウィメンズアパレルを始動し、4月20日にコレド日本橋に直営店をオープンする。オープン日には、同店で一般入場可能のイベントも開催される。直営店は20年1月までの期間限定。

 18年春夏コレクションでは“FUNCTIONAL、URBAN、WELLNESS”をキーワードに、見た目の美しさと機能のバランスがとれたヨガ&フィットネスウエアを提案する。グレイッシュパープルをキーカラーに、体のラインをよりスタイリッシュに見せるパターンやディテールを取り入れている。

 同店では、デンマークのアンティークを中心に「ロイヤルコペンハーゲン(ROYAL COPENHAGEN)」「クイストゴー(QUISTGAARD)」「ホルムガード(HOLMEGAARD)」などの食器や花瓶などもセレクトで扱う他、「ヘイ(HAY)」「ローゼンダール(ROSENDAHL)」「ムーべ(MOEBE)」「デザインレターズ(DESIGN LETTERS)」などの現行商品もそろう。

 「ヒュンメル」はスタッド付きのサッカースパイクを開発し、1923年に創業。不可能を可能にするシューズと、胴体が大きく理論上飛べないといわれるマルハナバチが、努力を重ねて飛べるようになった逸話を重ね合わせ、マルハナバチを意味する「hummel」をブランドネームとロゴに採用している。98年には、レトロトレンドに着目したスポーツファッションをスタートするなどして、ヨーロッパを中心に世界45カ国以上に進出している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら