ビジネス

アバクロ復活の兆し 会員プログラムとモバイル戦略が奏功

 アバクロンビー&フィッチ(ABERCROMBIE & FITCH CO.)の2018年1月通期決算は、売上高が前期比4.9%増の34億9269万ドル(約3667億円)、純利益が同79.3%増の709万ドル(約7億4400万円)だった。長らく続いた不振から、ようやく回復の兆しが見えてきた。

 ブランド別の売上高は、「アバクロンビー&フィッチ」が同2.2%減の14億5400万ドル(約1526億円)、「ホリスター(HOLLISTER)」が同10.8%増の20億3900万ドル(約2140億円)だった。地域別の売上高は、アメリカが4.0%増の22億900万ドル(約2319億円)で、その他の地域は同6.8%増の12億8400万ドル(約1348億円)だった。

 「17年は飛躍の年だった」と振り返るフラン・ホロヴィッツ(Fran Horowitz)最高経営責任者(CEO)は、今後も「会員プログラム、店舗、中間業者のカットおよびオムニチャネル化に投資を続け、顧客満足度を改善し続ける」という。

 「アバクロンビー&フィッチ」と「ホリスター」の会員顧客数はそれぞれ400万人と1000万人。ホロヴィッツCEOによれば、両ブランドの顧客はモバイルの使い方に共通があり購買額も頻度も高まったという。モバイルユーザーから得られたデータは、会員プログラムの改善に利用する。

 決算発表を受け、3月7日の同社の株価終値は前日比11.9%増の23.89ドル(約2508円)に跳ね上がった。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら