ビジネス

「ゾゾ」が「おまかせ定期便」を開始、“ゾゾ販売員”が希望金額のおすすめ商品をピックアップ

 ファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが15日、新サービス「おまかせ定期便」を開始した。ユーザーは好みのサイズ感や丈感、取り入れたくない柄などの質問に答えるだけで、好みに合ったおすすめ商品が定期的に届くというもの。“ZOZOSUIT”で計測したサイズデータともひも付き、最適なサイズを提案してくれる。

 アイテムごとに希望の上限価格を設定でき、期間も1〜3カ月で自由に決められる。コーディネート提案は昨年から募集してきた在宅の“ゾゾ販売員”が行う。商品とともに、コーディネートや着こなし方のアドバイスが書かれたレターが届く。毎回5〜10点をピックアップしてくれるが、気に入らない商品は7日以内に返送すればいい。その際の返品送料はかからない。利用にはクレジットカード登録が必要だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら