ファッション

異端児によるラグジュアリー・ストリート 「フィアー オブ ゴッド」の作り方

 「フィアー オブ ゴッド(FEAR OF GOD)」を2013年に立ち上げたジェリー・ロレンゾ(Jerry Lorenzo)は、従来のファッション業界のシステムや常識にはまらない方法でブランドを手掛けている。彼はランウエイショーもやらなければ、春夏や秋冬といったシーズンに合わせてコレクションを発表することもない。学校でデザインを学んだ経験さえないが、既存のマーケットに欠けていると考えるアイテムを提案することでファッション業界の一員となった。そんな彼は、カニエ・ウェスト(Kanye West)やジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)と共に手掛けたツアーグッズや「ヴァンズ(VANS)」などとのコラボにも見られるように、ラグジュアリーな審美眼をよりマスな環境で表現することでカルト的な支持を獲得。その成功の裏側とラグジュアリー・ストリートウエアの未来についての考えを聞いた。

米「WWD」(以下、WWD):どのようにして「フィアー オブ ゴッド」を始めたのか?

ジェリー・ロレンゾ(以下、ロレンゾ):ロサンゼルスのダウンタウンには工場が集まる地区があって、ソファでもTシャツでもなんでも自分の作りたいものを作ることができる。当時、自分が欲しいものが店には並んでいなくて、それなら自分で作らない手はないと思ったのがきっかけだ。でも、その前には大学院でMBAを取得して、メジャーリーグベースボール(MLB)の「ロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)」で働いていたんだ。もともと父親が野球業界で働いていて、自分も同じ業界で生きていくしかないと思っていたからね。ただ、大学在学中には「ギャップ(GAP)」と「ディーゼル(DIESEL)」で働いていたし、大学院で学ぶ傍ら小売りの仕事もしていた。会社に勤めている時でさえ、週末には小売業に携わっていたし、さらに稼ぐためにナイトライフに関わる仕事もしていた。そうした中で、セレブやアスリート、インフルエンサーとの交友関係の多くは自然にできてきたんだ。カニエ・ウェストと一緒に仕事をすることになったのも、もともと彼の周りにいるヴァージル・アブロー「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」や元カニエのマネジャーで「ジャスト ドン(JUST DON)」ディレクターのドン C(Don C)、カニエのパーソナル美容師のイブン・ジャスパー(Ibn Jasper)らと友人だったことがきっかけだった。

WWD:どうしてカニエと仕事をするように?

ロレンゾ:ファーストコレクションの一部をヴァージルに贈ったところ、それを見たカニエが気に入り、カニエと「アー・ペー・セー(A.P.C.)」のコラボレーションに参加することになった。「カニエ ウェストx アディダス オリジナルス イージー(KANYE WEST X ADIDAS ORIGINALS YEEZY)」やカニエのアルバム「Yeezus」のウエア作りにも参加したが、彼からは多くを学んだ。

WWD:ブランドの美学は?

ロレンゾ: コンセプトは約13年間住んでいたLA。LAでは皆、あたかも頑張ってないように見せる努力をする一方で、その日に起こること適した格好をしていたいと思っている。たとえ一日の終わりがジムだとしても、ランチミーティングがあったとしても、その場に適しつつ、ファッショナブルでエレガント、そしてシックでありたいんだ。「フィアー オブ ゴッド」は、そんなエフォートレスでエレガントなアプローチをストリートウエアに用いている。自分のやりたかったことは、ロゴばかりが主張するストリートブランドでもラグジュアリーなメゾンでもなく、その中間にあった。

WWD:たくさんの新進ブランドがある中で、瞬く間に頭角を現すことができた秘訣は?

ロレンゾ:それは直感的な本能や人生、カルチャーに基づいたものかな。最初のコレクションを発表した時、1年の中で決まった時期に発表しないといけないなんて知らなかった。バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)に行ったら、時期が違うと言われたけど、それでもコレクションは見てくれた。業界のルールは知らなかったけど、彼らの売り場に足りないものを自分は持っていると自信があったしね。それに、私は彼らがターゲットとする若者たちに語りかける方法を知っているし、その若者たちがストリートカルチャーに影響を与えるんだ。私がヴァージルと同じカテゴリーに入るとしたら、私たちは若い頃、デザイナーズブランドを調べ、それを自分たちのモノにするとともにカルチャーに影響を与える方法を探し出してきたから。それからカルチャーがインフルエンサーの後を追うようになり、ブランドはそういう若者の恩恵を受けるようになった。そして今や、その流れを生み出してきたあの頃の若者が、今の若者に支持される服を作っているんだ。

WWD:ブランドの顧客はどんな人か?

ロレンゾ: 2000ドル(約22万円)しか持っていないのにボマージャケットに1200ドル(約13万円)を使うような若者をイメージしている。自分自身も若い頃そうだったしね。「フィアー オブ ゴッド」では、ジーンズだろうとボマージャケットだろうと最高水準で特別なアイテムを作りたいと考えているし、価格にもそれが反映されている。若者を含め自由に使えるお金の少ない人に買ってもらうために、商品を妥協して価格帯を下げることは決してない。それに、もし彼らが本当に欲しいと思えば、手に入れる方法を見つけるはずだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら