ニュース

カニエの「イージー」最新コレクションは、着用した妻をパパラッチさせて発表!?

 カニエ・ウェスト(Kanye West)が手掛ける自身のブランド「イージー(YEEZY)」のシーズン6が12月4日に発表され、公式オンラインストア「イージー・サプライ(YEEZY SUPPLY)」ではプレオーダーの受け付けも開始された。

 「イージー」は、アルバムの宣伝も兼ねたライブ兼ファッションショーを行うなど、毎シーズン一風変わったコレクション発表をすることで知られる。シーズン6は当初、9月のパリ・ファッション・ウイークの期間中に発表すると思われていたが、カニエはスキップ。ストリートシーンでカルト的人気を誇るブランドだけに待ち望まれていた。
 
 今シーズンは、大のパパラッチ嫌いで知られるカニエが、頻繁にパパラッチされることを逆手に取って妻でモデルのキム・カーダシアン(Kim Kardashian)にアイテムを着用させ、それをパパラッチ風に撮影し発表した。キムのツイッターでは「#Yeezy」のハッシュタグとともに「マクドナルドに行くとき」「ガソリンを給油するとき」「コーヒー休憩のとき」「デロリアンに乗るとき」など、パパラッチされた際のそれぞれの状況についてコメントしている。スタイリングは、カニエとキム夫妻の親友でファッション・エディターのカリーヌ・ロワトフェルド(Carine Roitfeld)が手掛けた。

 アイテムの多くがブランドらしいニュートラルな色合いで、定番アイテムのブラトップやスパンデックス素材のショーツに加え、新たにワイドパンツやトレンチコートなどをラインアップ。価格はミリタリコートが1000ドル(約11万2000円)、パーカが340ドル(約3万8000円)、スエットパンツが300ドル(約3万3000円)、ブラトップが160ドル(約1万8000円)、ヒールブーツが715ドル(約8万円)、サンダルが150ドル(約1万7000円)、キャップが60ドル(約7000円)、最新スニーカー“YEEZY 500 DESERT RAT”が200ドル(約2万2000円)など。

 なお、先シーズンのシーズン5では、ニューヨーク・ファッション・ウイークを運営するアメリカファッション協議会(CFDA)と協議することなく日時を独断で決定。シーズン4でも公式スケジュールを考慮せずに日時を決め、開始時間が大幅に遅れたうえに、炎天下の野外での発表のため熱中症で倒れるモデルが続出するなど、批判が殺到していた。