ファッション

「エヴィス」が提案 “洋服屋のこさえる靴”

 ジーンズは米国へのあこがれなくしては語れないが、まめな日本人によって解析、体系化されたデニムは現在、名だたるスターデザイナーも教科書とするところだ。日本におけるブームをけん引し、いち早く世界に打って出たのが、バックポケットにペンキで手描きされた“カモメマーク”で知られる「エヴィス(EVISU)」だ。

 大阪出身の山根英彦エヴィスジャパン社長が、「エヴィス」を立ち上げたのは1991年。独自のパターンメーキングやメード・イン・ジャパンを大々的に打ち出したプロモーションが成功し、“欧米で初めてヒットした日本のデニムブランド”となった。一方で山根社長は、「世間的に『エヴィス』はジーパンブランドと思われているかもしれんけど、"デニム素材をうまいこと使うのんが得意な洋服屋”を自負している」と言う。それらはデニム製テーラードジャケットや、迷彩柄ジャカードデニムによるバッグなどに象徴される。

 そんな山根社長が「どや、すごいやろ?」と見せてくれたのが、2018年2月に発売するデニムとレザーのコンビネーションシューズだ。無骨な見た目と堅牢性はグッドイヤーウェルテッド製法によるもの。ベースは特殊加工のデニムで、最も履きジワの入るトウ部分にメダリオンをあしらったカーフを当てている。補強の意味でのデザインは過去に例がないわけではないが、これでもかと穴飾りを施しているのが「エヴィス」流だ。「ドレッシーなんか、カジュアルなんか分からんとこがええやろ?(笑)」。履きなじみのいいソフトな革を使うのが今流だが、あえて硬さを残した別注レザーを用いてクラシックさを出している。価格は8~9万円を予定する。

 「洋服屋が靴をこさえるなら、シューズブランドの作らへんけったいなもんにしたい」。創業から25年以上を経た「エヴィス」は、今なおあまのじゃくで、男心をくすぐる驚きを与えてくれる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。