ファッション

「しいたけ占い」でブレイク中のしいたけを直撃 2018年の開運カラーも要チェック

 ファッション業界には占い好きが多いが、特にここ1〜2年でブレイクしているのが、占い師・しいたけ氏による「しいたけ占い」だ。彼と話すといつも、街医者を思い起こさせられる。医者通いを日課としているような人々で溢れかえる診療所をニコニコしながら眺め、診察室ではとりとめのない話や愚痴にまで耳を傾け、最後は安心させて家路につかせる。そんな包容力と共感力、ゆるさ、そして時折見せるダークサイドな一面などに人々は惹かれるのだろう。「ヴォーグ ガール(VOGUE GIRL)」での連載を皮切りに人気が沸騰し、イベントに登壇したり、ファッション界やエンタメ界で活躍する著名人を占ったり、最近ではテレビ番組にも(声だけ)出演するなど露出度も高まっている。テレビに出たことでツイッターのフォロワーは5万人増えて25万人となり、ブログの1日平均アクセス数も12万と、ちょっとしたインフルエンサーなどを大きく凌ぐ波及力を持っている。12月15日に書下ろし第2弾となる「しいたけ占い 12星座の蜜と毒」(KADOKAWA)が発売されるのを機に、しいたけ氏にインタビューし、占い師までの道のりや、2018年をハッピーにするポイントなどを聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):しいたけさんの占いの特徴とは? 

しいたけ:私の占いはリーディングというものです。12星座占いを基本に、連載をしたり、個人鑑定をさせていただいたりしています。目指す占いの理想形は、“会社の人や友達には話せないようなことを、利害関係のない第三者として、一緒に答えを考えていく”ことです。今回の書籍では“蜜と毒”をテーマに掲げましたが、“蜜=長所”も、“毒=短所”も、その人の個性を織りなしているものであり、人生をより深くしてくれるものだから、それをよく知って前向きに生きていきましょう、というメッセージを伝えさせていただきました。

WWD:占いを学ぶようになったきっかけは?

しいたけ:早稲田の大学院に進み、政治哲学やソクラテスなどを研究する中で、占い師が権力者にアドバイスをしたり、為政の決断にまでかかわるケースが多く存在していることを知りました。当時は占いと政治判断はかなり近い存在だったんです。政治家、哲学家、芸術家などにとって、宗教もとても身近なにありました。だから、いろいろな物事を決断する際、人と相談するというよりも、むしろ自分のインスピレーションを大切にしていたのでしょう。夢で見たお告げを“神託”と考えたり、占い師や巫女などを神託者として起用したりしながら、疫病がはやればお祓いをしたり、遷都をしたり、戦いの戦略を決めたり。だから、政治学を学ぶ上で、占いは勉強せざるを得なかったんです。そして、「運も実力のうち」といいますが、そもそも“運”とは何なのかを探究したいと思ったんです。加えて将来を考えたとき、理系の人は専門店な道に進む人が多いけれども、文系大学院を出た身だと道が狭まりがち。自分も専門分野を捨てて一般職に行くのはもったいないなと思い、もう少し勉強を続けることにしたんです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら