ニュース

NYメンズが後ろ倒しでウィメンズと合同に ファッション・ウイークは10日間に

 アメリカファッション協議会(Council of Fashion Designers of America以下、CFDA)は、ニューヨーク・メンズ・ファッション・ウイークを2018年2月5〜7日に開催し、8〜14日に開催されるウィメンズのニューヨーク・ファッション・ウイークと合体させると発表した。

 マーク・ベッカム(Mark Beckham)CFDAマーケティング部門バイス・プレジデントは「ファション・ウイークは10日間になる。スケジュールも1つに統一し、ウィメンズ、メンズ、男女合同などの表記もつけない。男女合同ショーだろうが、オフスケジュールや海外で発表しようが、われわれはデザイナーがコレクションを披露するのをサポートする。メンズ・ファッション・ウイークをウィメンズと合体させることで、メンズブランドだけでなくファッション・ウイーク全体が活性化されることを願っている」と話した。 

 暫定スケジュールは数日以内にCFDAの公式ウェブサイトにアップされるが、「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」はメンズのトリを飾り、7日にショーを行う。また、「ボス(BOSS)」「ジョセフ アブード(JOSEPH ABBOUD)」 「ペリー エリス(PERRY ELLIS)」「トッド スナイダー(TODD SNYDER)」「オヴァディア & サンズ(OVADIA & SONS)」などのブランドがメンズ・ファッション・ウイークにカムバックする。他の有名デザイナーの参加も確定しそうだとベッカムCFDAマーケティング部門バイス・プレジデントは明かした。

 ファッション・ウイークに参加するジョセフ・アブードは、「コレクションを完成させる時間に余裕ができただけでなく、ウィメンズのファッション・ウイークと近づけることで、メンズのファッション・ウイークのためだけにエディターたちに遠方から来てもらわなくてもよくなった」と話す。

 開催地は前回のスカイライト・クラークソンSQ(Skylight Clarkson Sq)ではなく、トライベッカ・ハドソンストリートのキャディラック ハウス(Cadillac House)、チェルシーのピア59(Pier 59)とスカイライト モダン(Skylight Modern)が若手デザイナーの主要開催地となる。「ラフ・シモンズ」「ジョセフ アブード」「ペリー エリス」などはそれぞれに開催地を選ぶようだ。

 公式スポンサーも確定し、キャディラック(CADILLAC)やノードストロム(NORDSTROM)、フォーシーズンズ(FOUR SEASONS)が再び加わる。

 だが、7月のメンズ・ファッション・ウイークと9月のウィメンズのファッション・ウイークを合体させるつもりはないようで、7月のメンズ・ファッション・ウイークは7月9〜12日に開催することが決定しているという。