ファッション

森英恵 × 中里唯馬のスペシャル対談 オートクチュールの未来 服作りの未来

 1977年にパリ・オートクチュール組合からアジア人として初めて会員として認められ、オートクチュールでコレクションを発表する日本人デザイナーとして大きな功績を残し、日本のファッションの礎を築いたデザイナー、森英恵(以下、森)と、2016年7月に日本人として2人目、12年ぶりのパリ・オートクチュール・ファッション・ウィーク公式ゲストデザイナーの一人に選ばれ、継続的にパリでコレクションを発表しているデザイナー、中里唯馬(以下、中里)による夢の対談が実現した。服作りの原点ともいえる“その人の体形に合わせてあつらえる”オートクチュールの世界で経験を積んだことで見えた“クリエイション”とは?

自分のルーツをおさえて、それを海外でも持ち続けること

WWDジャパン(以下、WWD):まずは7月のパリ・オートクチュールで発表した「ユイマナカザト(YUIMA NAKAZATO)」のコレクションやブランドのコンセプトを教えてください。

中里:(7月にパリで発表したピンクのドレスを見せながら)1年前に表参道ヒルズで森さんにコレクションを見ていただいてから、2シーズンを経てこのようなドレスに進化しました。パーツが連なって服になっているドレスで、ミシンを使わずにパーツをつなぎ合わせることでドレスにしています。

森:すごいわね。縫っていないの?

中里:はい、縫製をせずに、体のラインにぴったり合うように組み立てています。新しい技術を使ってオートクチュールのドレスを作るというのがコンセプトです。パーツに小さく数字が書いてあり、全部順番通りに組み立てていくシステムです。最初にパターンを作って分割線を入れ、生地をカットして組み立てています。1着に300~500パーツくらいあります。

森:すごいわね。オートクチュールね。

WWD:縫わずに作る、体にフィットするドレスを作っているとのことですが、中里さんが考える未来のオートクチュールとは?

中里:縫製していない分、従来よりも早く簡単に一人一人の体形に合うドレスが作れるんです。将来的には多くの人が一点モノのドレスを着られるようになったらいいなと思っています。今は、コストがかかってしまうのですが、それを新しい技術によってより簡単にできれば、実現できると思っています。

森:夢がありますね。

WWD:プレタポルテではなく、パリのオートクチュールでショーを開催しようと思ったきっかけは?

中里:大量生産でモノを作っていくのも大切だと思いますが、体に合わせて服を作っていくオートクチュールが未来のファッションにつながっていくのではと。それでオートクチュールに挑戦していこうと思い、パリでの発表は3シーズン目を迎えました。

WWD:今回のショーでは、モデルが着用するだけでなく、制作過程をドキュメンタリー映画のように仕立てた映像を作り、それを流す演出もしていましたね。

中里:ミシンを使わないなど作り方が特殊なので、制作工程を見てもらうために映像を作ってそれと併せて服を見てもらいました。サテン、シルク、ウール、デニムといった一般衣料で使われる素材で新しい作り方をするのが今回の挑戦でした。

森:大変な挑戦ね。アートでもあるわね。これでごはんを食べていくのは大変よ。

中里:はい。そうですね。これを買って着ていただくというところまで進化させていきたいです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。