ニュース

「THREE」擁するアクロ、業界初の男性向けメイクアップブランド立ち上げ

 ポーラ・オルビスグループで「THREE」を展開するアクロは、2018年秋に業界初となる男性向けのメイクアップアイテムを中心としたコスメブランドを立ち上げる。ターゲット層は20 代後半からの、ファッション感度が高い男性。ライフスタイルや価値観が多様化する中、男性に対し身だしなみやマナーのひとつとして化粧文化を提案する。

 商品構成はベースメイクやポイントメイクの他、スキンケアやヘアケア、雑貨類等を幅広く取りそろえる。価格帯は2000~1万2000 円を想定している。販路は百貨店や公式サイト、セレクトショップなどで、21年までに百貨店を中心に国内主要都市に広げる。また、20年までにアジア圏を中心に海外展開を開始し、将来的には欧米進出も視野に入れている。

 その他、同タイミングで大人の女性に向けた高品質メイクアップブランドを立ち上げる。商品はベースメイクやアイシャドウ、リップスティックなどのポイントメイクアイテムやメイクアップツールなどで、価格帯は5000〜3万円を想定している。

 09年に誕生し、現在は海外7カ国・地域で展開している「THREE」を擁する同社は、18年2月に設立10周年を迎える。今年10月にも40~50代の女性を対象としたラグジュアリーな新スキンケアブランドを18年秋にデビューさせると発表しており、今回発表となった2ブランドを含めた計4ブランドで、さらなる成長を目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら